「緊急開催!GitHub Universe アフターイベント in Tokyo」参加メモ

勉強会

行ってきました。
techplay.jp

先日行われたGitHubのイベントの振り返りなイベントです。
githubuniverse.com

GitHubを中心とした最新の開発手法 池田さんから

GitHub Solutions Engineerの@ikeike443さんから。
まとめはいろんなところに挙がってるだろうけど、1時間でまとめてくれました。つまみ食いしかしてなかったので、一通り聞けてよかったです。以下メモ

Collaboration

Suggested Changes

blog.github.com

PRのコメントでSuggest(コード書ける) -> PRのオーナーが取り込み ができる。コメントのコードをコピペしなくて良い。

地味だけど、GitHubらしい正当な進化というか、そうだよね、という感じ。

Business

learningLab

lab.github.com

GitHubのチュートリアルやってくれるやつ
日本語版がない -> 作れないかな

learningLab Organization

https://lab.github.com/organizationlab.github.com

Orgnization内にカスタムで作れる

Connect

Github.comとGithubEnterpriseをつなぐやつ

  • 検索
  • 組織をまとめる(AWSのアカウントみたいな感じかな?

Security

Alert

js、Ruby、Pythonが元々ある
javaと.Netをサポートするようになった
(PHPまだっすか、、、

TokenScanning

AWSとかのTokenとかコードに含まれてたら通知してくれる

Security Advisory API

セキュリティ系の情報はAPIからも取れるように -> もろもろ自動化できそう

platform

Semantic code search

Exploring early access releases with feature preview - GitHub Docs
You can use feature preview to see products or features that are available in beta and to enable or disable each feature for your user account.

自然言語で検索できる

Actions(目玉機能)

github.com

blog.github.com

今回発表された新機能ではすごく大きい機能。

コード実行できる。

ぱっと見、CI系のサービスでよくある感じ。

  • 設定ファイルとGUIの両方できる
  • GitHub内のあらゆるイベントにhookできる
    • issueとかwikiとかにも可能 -> CI系サービスはcommitかPRに対してなので、Actionsの方が幅が広そう
  • パラレルで実行できる
    • 複数のクラウドサービスに並行でデプロイとかできる

個別の質問でも出てたし、やっぱり話題になるのが既存のCI系サービス(CircleCIとかTravisCIとか)との棲み分けについて。

GitHub的には、Actionsはworkflowにフォーカスした機能だから、CIサービスと競合するものでは無い、というのがオフィシャルな見解。
issueとかにもhookできるから、CIだけじゃなくて、開発フロー全体をいい感じにしつつ、各種CIサービスとも連携する、というニュアンスっぽい。

とは言え、デモで思いっきりCIしてるし、実質的には競合する部分は絶対出そう。

まだ使えてないのでわからないのだけど、おそらく

  • まずはGitHubActionsで対応できないか検討
  • ダメそうなら(複雑なやつとか?)は各種CIサービスでやる

みたいになるのでは。
今までwebhookでAPIGateway->Lambda みたいにやってたちょっとした処理なんかは、Actionsで作っちゃうのがおそらく良さそう。

後は料金次第ですね。こちらはまだ未定との事。

早く使えるようにならないかな〜

及川卓也が見た、GitHub Universe

プロダクトマネージャーの及川さんから。

内容も良かったのですが、話し方というか、構成がものすごく上手くて感動しました。
生で話を聞いたのは初めてだったのだけど、ちゃんと伝えたい事があって、そのためにどういう話の構成で持っていくか、という点をすごく考えられているのだろう、と感じました。

以下、キーワードとメモ

defining the future

Universeのトップページにも書かれているキーワード。

未来を完璧に予測するのは不可能だけど、予測して、何かしらアクションをする、というのはエンジニアは普通にやっている。(障害が発生しそうなポイントを検知したり、拡張性について考えたり色々)

それをもっと大きな観点でやって行きましょう、未来にただ巻き込まれるのではなくて、define(定義)する立場になっていきましょう

(所感)エモい話だけど、すごくわくわくするキーワード

Actions

やっぱりCI/CDとはかぶるよね。何を中心として考えるか。

GitHub内のアクションは何でもとれる -> 逆に言うとGitHub外からは直接はいけないが、issueとかをはさめばいける

InnerSource

日本ではまだ浸透してないけど、世界ではかなり浸透しつつある言葉らしい。(私も初めて聞いた)

OSSのマインドだったり仕組みだったりを、社内にも取り入れて行こうよ、的な。

池田さんの解説ページ
thinkit.co.jp

世界的には、NASA、イーライリリー、ウォルマート、ロイズ銀行など、名だたる歴史ある企業が実践している -> 日本は偉い人がメール使うだけで話題になる国でしたね、、、差がやばい、、、

世界的にここまで流行っている実績を見ると、日本でもこれからキーワードになるかもしれません。

その他

  • source hosting platform -> devOps platform になろうとしている
  • コンテナが本流(Actionsもコンテナで動く)
  • チームメンバー(組織内)としての自分と、個人活動の自分が統合されつつある

パネルディスカッション

day2のkeynote

エモくて良いらしい。

www.youtube.com

英語だけど勉強がてら頑張って見よう。

Octoverse

octoverse.github.com

www.youtube.com

数字で見るGitHub。

よくある、プログラミング言語ランキングとか。
これも後で見る。

懇親会

話した事メモ

  • 技術の進化のスピードが上がっている
    • カンファレンスに行くと初心者向けセッションとか多いので、キャッチアップできる
  • GitLabにはCI機能がついている
    • GitHubが逆に追いついた感

及川さんとは気さくにお話させていただきましたが、物腰がやわらかくて素敵な方でした、、、そういう大人になりたい、、、

おまけ

myoctcat

myoctocat.com

Pファンクやりそうな、サイケな感じになりました。
f:id:moyashidaisuke:20181024150641p:plain

コメント

タイトルとURLをコピーしました